助産師さんに授乳中のカフェインの是非について質問してみよう

大きなおなか

体の調子の事から授乳中のカフェインの事まで色々聞ける助産院

妊婦と赤ちゃん

女性は出産を終えるとすぐに次は育児が始まります。育児は1人の人間を育てるという事で、初めてだと分からない事だらけです。産まれてきたばかりの赤ちゃんは眠りが浅かったりすぐに泣いたり、授乳しても吐いたりと最初は本当に大変です。そんな時は助産院に相談するのをおすすめします。助産師さんはやはりプロです。何でも相談に乗ってくれます。最近では調べると何でもネットに情報がのっています。しかしネットの情報は正しい物もあればそうでない情報もあります。カフェインの情報などもたくさん載っていますが、授乳中のカフェインは特に問題ないという人もいれば、できれば控えたほうがいいという人もいます。いったいどちらが本当なのか、そういったカフェインにまつわる知識も助産師さんはきちんと持っています。
また最初の頃は授乳中のトラブルにも悩まされます。乳腺がつまり乳腺炎になってしまう方も多いです。他にも寝不足や疲れで乳腺炎になってしまうケースもあります。このような授乳中のトラブルも助産院にいけばマッサージをして詰まりを取ってくれたり、授乳中の食事についてのアドバイスを頂けたりもします。
赤ちゃんが小さいうちはどうしても家にこもりがちになり。分からないことはネットで調べて自力でやりがちです。外に出るのが億劫になりがちなこの時期こそ助産院を賢く使い少しでも育児の大変さやつらさを軽減する事をおすすめします。

カフェイン摂取量等授乳中のトラブルは誰に話せばいい?

妊娠、出産を終えると女性の体はとても変化します。そして出産後にすぐに始まるのが授乳生活です。ただ赤ちゃんに授乳するだけと思われがちですが、体への負担は多くの女性が感じます。また授乳中のトラブルにも悩む方が多いです。そんな時は自分で悩まずに助産院に相談してみませんか。助産院には赤ちゃんと出産後のお母さんの体について詳しいプロがいます。一人で悩んだりネットの情報に泳がされる前にまずはプロに相談する事をおすすめします。
授乳中のトラブルは人それぞれです。出が悪くて悩む人もいれば、出過ぎて困る人もいます。また多くの授乳中の女性を悩ますのが乳腺炎です。乳腺がつまり、胸が板を入れたようにガチガチになります。放置しておくと炎症をしてしまったり、高熱が出たりします。そうなってしまう前に少しでも異変を感じたら助産院に相談しましょう。助産師さんは色んなケースの授乳トラブルを見ています。その人に合ったアドバイスや処置をしてくれます。また授乳中の女性への食事のアドバイスもしてくれます。
育児や家事、あるいは仕事で眠くなり、カフェインの力を借りたくなることもありますが、授乳中にカフェインを摂るのは果たして問題ないのか、育児の初心者の方にとってはカフェインという些細な問題でも気になるものです。
そういう心理状態になるのは、赤ちゃんが小さくて家にこもりがちなるからでしょう。しかし授乳中のトラブルはもちろん赤ちゃんの事も何か困ったら、一人で抱え込まずプロがいる助産院で相談する事をおすすめします。

情報過多な時代にこそ授乳中のカフェインの知識を身につける

初めての出産、初めての授乳、第一子の子育ては初めてだらけで分からないことがたくさんあると思います。出産後、助産師さんに色々教えてもらいますが、いざ退院して一人で子どもと接しようと思ったとき、授乳中に乳首が痛い、赤ちゃんがきちんと飲めているのか不安になる、自分が食べているものは母乳育児にいいものなのかなど、退院してからの方が不安になることが多いと思います。
思わず授乳中にスマホ片手に検索して、目移りするほどの情報量に何を信じていいのか分からなくなることもあると思います。そのような時、助産院に相談してみると専門的かつ最新の情報を持つプロの意見を聞くことができて、さらに新米ママさんとその赤ちゃんに合った最適なアドバイスをもらうことが出来ます。
ママさんのなかにはコーヒーなどカフェイン多めの飲み物が好きな人もいるでしょうが、たまに巷の噂やネットでカフェインは授乳中には良くないという話を耳にすることもあるかも知れません。もちろん量の問題とはなってくるのですが、本当に今の量をこれまで通り飲んでも問題ないのか気になりますよね。
カフェインだけに限ったことではなく、インターネットで得られる情報だけでは、本当に欲しい情報とは少し異なっていたり、赤ちゃんの個性が見抜けていない場合があったりします。まして初めての出産の後は心身ともに疲れていて気持ちも落ち込みやすいので、悩みは一人で解決しようとせずに、専門家に相談する方が良いです。
話すだけでも心が晴れることもあるし、専門家へ相談したと言うことで自信にも繋がると思います。無理はせずに一度助産院に相談してみてください。

TOP